Aprisoソリューションで製造管理を可視化できる

木曜日, 8月 28, 2014 0:00

製造管理という言葉はあまり聞きなれないかもしれません。生産の中には製造だけでなく物流や調達などが含まれそれらすべてを管理することを生産管理といいます。製造管理とはその生産の中の製造分野に絞った部分で、製造管理をしっかりと行うことで作業の効率性だけでなく市場のニーズにこたえた商品の適正価格を提供できるようになります。

そんな作業プロセスの流れを目に見える形で管理したいときはhttp://apriso.co.jp/solutions/global_manufacturing/を見てみてください。

グローバル製造管理のAprisoソリューションを使うことでそれまで目に見ることができなかった製造の流れが把握できるようになります。さらに製造にかかわることだけでなく、人材の流れ、材料、設備など生産に関わるものがしっかりと可視化されていきます。製造の中で起きる問題のすべてを解決できるようになり情報の管理もしやすくなります。

製造の状況は可視化できないとどこに無駄が生じていて、どこで損失を出しているのかが良くわかりません。Aprisoソリューションで製造管理がしっかりと行えるようになると、利益の出る作業システムを作ることができて無駄な仕事を省くことができるようになり、人員にかかる負担も減らすことができるのです。

業務管理ソフトの選択はネットの情報を活用しましょう!

木曜日, 2月 14, 2013 0:00
Categoria: その他

次に、業務管理ソフトを選択するために実際的な内容を思い描いてみてください。

たとえば、自社業務に合わせてオリジナルソフトをつくるといったことも考えてみましょう。
この場合、自社のニーズに合わせたシステムをつくることができます。
それから、ASPで(クラウドタイプ)で使用するとしたのなら、ネットワーク環境とブラウザがあれば、どこでも利用できて便利であるといったことが考えられますし、ASPで(クラウドタイプ)で使用しますと、事務内にサーバーがなくても一元管理ができるのではないでしょうか。

業務管理ソフトを選ぶときでは、マニュアルが不十分な場合があるということに配慮しましょう。
操作がわかりにくいことがあります。
それから使いこなせない可能性もありますので、機能が複雑なタイプがあるということを認識し、競争力が発揮できませんから、決められた機能しか使用できないかどうかチェックしておくといいのです。

業務管理ソフトのマイナス要因においては、ネットであったり雑誌によって評価を見るといいのです。
業務管理ソフトを使用してどういったことが満足したか、反対にどんなことが良くなかったのか、ということは、使用した人の情報がヒントとなりえます。

この基幹システム
GRANDIT公式サイト